MENU
旅猿
【リゾートバイト歴9年目・ 働いた勤務先は28ヶ所・最高月収30万円・4ヶ月半で貯金100万円達成 】ホテル・旅館の職種は、ほぼすべて経験済み。
リゾートバイトのオタクです。
北海道~沖縄まで色々な地域で働いています。
カテゴリー
派遣会社ランキング
初心者におすすめ
求人数No.1

【現実】島移住はやめとけ?メリットやデメリット・住みやすい島を紹介

【PR】この記事には広告を含む場合があります。
島 移住 やめとけ 間違い探し

・島に移住はやめとけって言われる理由は?
・島移住のメリット・デメリットは何?
・住みやすい島は何処?

これらの疑問を解決する記事です。

会社員生活に疲れたので、離島でのんびり暮らしたいと考えていませんか?

ただ、周りからの反対やネットの評判をみて悩んでいる人も多いと思います。

そのため、なかなか離島生活に踏み出せないのではないでしょうか。

この記事では、やめとけと言われている理由・対処法を詳しく解説していきます。

合計5ヶ所の島に住んだ経験があるよ。

島はネットの評判を見るよりも、短期間住んでみた方がいい。

1ヶ月以上住んで体験しないと分からない良い所・悪い所があるからね。

この記事で分かること
  • 島移住がやめとけと言われる理由
  • 島移住した人の口コミ・評判
  • メリット・デメリット
  • おすすめの移住方法
  • 住みやすい島
目次

島移住はやめとけと言われる7つの理由

島 移住 やめとけ 理由

「島移住はやめとけ」と言われる理由は、次の7つです。

7つの理由
  • 人間関係がめんどくさい
  • 物価が高い
  • ネットショッピングが使いづらい
  • 給料が安い
  • 交通の便が悪い
  • 医療環境が良くない
  • 慣れると退屈

1つずつ詳しく解説していきます。

人間関係がめんどくさい

人間関係がめんどくさいです。

近所付き合いや地域の集まりなど積極的参加しなければいけないからです。

しかも島は人口が少ないため、噂はすぐに広まります。

悪い噂が広がると、一気に住みにくくなるよ。

何処で見てたの?って思う時もあったよ。

物価が高い

島は物価が高いです。

船で運ばれてくるため、輸送費がかかっているからです。

そのため、食料品やガソリンは10%~20%ぐらい高く設定されています。

島の物価は高いよね。

だから、ネットショッピングをうまく使って生活してたよ。

そうすると、安い物が手に入るんだ。

ネットショッピングが使いづらい

ネットショッピングは便利ですが、使いづらいです。

使いづらい理由は、次の3つになります。

  • 時間がかかる(1週間以上かかる島もある)
  • 配送料が高い
  • 商品によっては購入できない

そのため、まとめて購入する人が多いです。

Amazonだと、配送料がかからなかったよ。

Amazonプライムのお急ぎ便を使っても、かかる時間は変わらないけど…

給料が安い

全体的に給料が安いです。

最低賃金が安いのもそうですが、会社自体が大きく稼ぐ職業がないからです。

たとえば、漁師農業など島の特産品で生計を立てている人が多くいます。

そのため、IT企業のように年間何十億円も稼いでいる会社がないため給料が低いのです。

最近では、ネット関係の仕事をして生計を立ててる人がいるよ。

・WEBライター
・プログラマー
・イラストレーター

自分で仕事を取ってきて生活するのもいいよね。

交通の便が悪い

交通の便が悪いです。

基本的に島は、車社会だからです。

バスも1~2時間に1本ぐらいしか走っていません。

そのため、車がないとかなり不便です。

小さな島になると、自転車でも問題ないよ。

だけど、海が近いからすぐに錆びるけど…

医療環境が良くない

医療環境が良くありません。

島には、週3日ぐらいしかやってない診療所しかないからです。

常駐でお医者さんが居るわけではないので、大きなケガや病気をしたら島を渡って近くの大きな病院に行かないといけません。

小さい島だと、ドクターヘリに乗って病院に行く人もいるよ。

命にかかわる内容なら、近くの病院まで時間がかかってしまうね。

慣れると退屈

島は慣れると退屈です。

自然は豊かですが、娯楽施設がないからです。

そのため、遊ぶなら山か海のどちらかになってしまいます。

島に住み始めて最初の頃は楽しい。

だけど、2ヶ月もすると飽きてくるんだ。

だから結局、部屋でネットサーフィンや映画を観たりしてるね。

【現実】島移住した人の口コミ・評判

島移住 口コミ 評判

島移住した人の口コミ・評判を紹介していきます。

良い口コミ・評判

離島はコンビニない所多いから、最初は不便に感じるけど慣れると「無くてもいいや」ってなる。

閉店時間が早いから、1日の行動がすべて早くなるよね。

島に移住=リゾート地に住むから、旅行に行かなくなるのは分かる。

ちょっと歩けば大自然だもんね。

島は都会と違って人混みが少ないから、住みやすいよね。

あと、変な広告を目にしないのもいい。

夜は島全体の明かりがないから、都会よりも星がキレイに見える。

悪い口コミ・評判

コンビニに依存している人にはツライかも。

離島の送料高いよねぇ。

だから、まとめ買い or Amazonで送料無料を使うかの2択になる。

たしかに誰かが行くってなったら、飛行機やフェリーの動いている時間しか無理だもんね。

島移住のメリット

島 移住 メリット

島移住のメリットは、次の3つです。

メリット
  • 人混みがない
  • 治安がいい
  • 家賃が安い

詳しく解説していきます。

人混みがない

都会のような、人混みがありません。

そのため、無駄なストレスがないため、自分のペースで心穏やかに過ごせます。

飲食店も待ち時間がなく入れます。

島から都会に戻ると、人混みが気持ち悪くなるレベル。

島は何処に行っても空いているから、時間を有意義に使えるよ。

治安がいい

島は治安がいいです。

人口が少ないため、悪さができないからです。

たとえば、島の人は悪さをすると島に住めなくなるし、よそ者が来ると誰かが見ています。

そのため、悪さができない環境が整っています。

カギを開けっぱなしでも、「空き巣の被害はない」って言われたよ。

それぐらい、犯罪が少ないんだ。

家賃が安い

島は家賃が安いです。

移住してくる人が少ないため、家賃を安くしないと住む人がいないからです。

そのため、給料が少なくても、そこそこの部屋に住めます。

広い部屋に住めるのは、嬉しいね。

【デメリット】住んでみないと分からない

島 移住 デメリット

島は住んでみないと、自分に合うのか分かりません。

実際に住んでみると、自分のイメージと違う時があるからです。

そのため、島移住に憧れて住んでみたけど、数ヶ月もしないうちに島を出ていく人がいます。

ネットだけの情報ではなく、何度か下見に行くとギャップが無くなるよ。

できれば短期で住んでみよう。

少しでも住んでみると、自分がやっていけるか分かるよ。

後悔してからだと遅い!島に移住する前にリゾートバイトで下見がおすすめ

島 移住 リゾートバイト おすすめ

島に移住する前にリゾートバイトで下見がおすすめです。

事前に下見をしておけば、住みやすいか分かるからです。

リゾートバイトなら、短期間で働けるので、プチ移住体験ができます。

25ヶ所の離島で募集がある

リゾートバイトでは、次の25ヶ所の島で働けます。

伊王島隠岐の島奄美大島屋久島
久米島宮古島宮島佐渡島
座間味島種子島初島小豆島
小浜島西表島石垣島大久野島
淡路島竹富島直島渡嘉敷島
八丈島与那国島与論島利尻島
礼文島
参考:

色々な島があるので、短期で回ってみてもいいですよね。

実際に離島めぐりをしている人がいるよ。

または、夏は涼しい北海道の離島・冬は暖かい沖縄の離島みたいな感じで移り住む人もいるね。

短期間で働ける

2~3ヶ月の短期間で働けます。

プチ移住体験ができるので、自分のイメージとのギャップが無くなります。

沖縄なら台風シーズン・その他の地域なら閑散期に行くのがおすすめです。

そうすると、島のメリット・デメリットが見えてきます。

短期間で働けるのはいいよね。

もし、自分のイメージと違ったら別の島に行けるし。

沖縄は働きながら1週間ぐらい居られる時期があるよ。

生活費がかからない

リゾートバイト中は、生活費がかかりません。

寮費・光熱費・食費無料だからです。

なので、島生活に必要なお金も貯まります。

生活費が0円だと、本当にお金を使わない。

だから、多少島の物価が高くてもリゾートバイト中は気にならないね。

交通費が支給

リゾートバイトは、交通費が支給されます。(上限あり)

交通費は、今いる所から勤務先までの往復交通費がもらえます。

島に移住する場合でも、往復分の交通費がもらえるのでお得です。

交通費は任期満了が絶対条件。

だから、交通費は最後の給料と一緒に支給されるよ。

詳しくは、次の記事を参考にしてね。

勤務期間中に仕事や部屋探しができる

リゾートバイトの勤務期間中に、仕事や部屋探しができます。

そのため、時間にゆとりがある状態で探せるため、良い仕事や部屋が見つかりやすいです。

周辺を探索している途中で見つけたり、居酒屋で知り合った現地の人に紹介してもらうのも島ならではの体験です。

勤務先が気にいったら、期間を延長してもいいね。

リゾートバイトは、様々な使い方ができるよ。

島で働きたい人におすすめの派遣会社

島 リゾートバイト 派遣会社 おすすめ

島で働きたいなら、次の3社がおすすめです。

おすすめ派遣会社

1社ずつ詳しく解説していきます。

グットマンサービス

時給
求人数
サポート
福利厚生・リピーター時給がある
・留学支援がある
  • 業界No.1の高時給
  • 交通費などの待遇も他社よりも優れている
  • リピーター時給がある

グッドマンサービスは、業界No.1の高時給で求人数も多いため男女共に使いやすいです。

リピーター時給や週40時間以上の勤務は残業になるなど、他社よりも稼げる仕組みになっています。

稼ぎたいなら、絶対に外せない会社です。

ダイブ

時給
求人数
サポート
福利厚生・オンライン英会話が無料
・留学支援がある
  • 25万人の登録実績
  • 働いた前任者の口コミ・評判が見れる
  • アフターフォローが他社よりも優れている

リゾートバイト初心者は、ダイブがおすすめです。

LINEで担当者に相談が可能・アフターフォローなどサポートが他社よりも優れているからです。

また、前任者が書いた求人の評判が見れるので、ブラック企業に行く心配はありません。

困ったことは、ダイブなら丁寧に教えてくれますよ。

ビーグッド(リゾートバイト.net)

時給
求人数
サポート
福利厚生・bePOINTがもらえる
  • 求人の質No.1
  • サポート体制も整っている
  • 勤務時間に応じてAmazonギフト券やJTB旅行券に交換可能なbePOINTがもらえる

求人の質にもこだわりたいならビーグッドがおすすめ。

ブラック求人を排除して、ホワイト求人しか取り扱っていません。

時給や待遇もTOPクラスなので、安心して使える派遣会社です。

実際に住んだ経験者が語る!住みやすい島ランキングTOP3

島 住みやすい ランキング

実際にリゾートバイトで住んだ島で、住みやすい島を紹介します。

宮古島

1番のおすすめは、宮古島です。

宮古島は、島の中で断トツで海がキレイです。

宮古島

何処からでも海に入れるので、シュノーケルやダイビングが好きな人におすすめです。

また、イオンやドン・キホーテなど日用品を買う大きな店もあり便利。

宮古島は平均気温も高いし住みやすいよ。

大きな病院があるから、万が一の時も安心。

石垣島

石垣島も過ごしやすいです。

石垣島

石垣島は、竹富島や西表島・波照間島など、近くの島にフェリーで行き観光するのが楽しいです。

石垣島の市街地にも、イオンやドン・キホーテがあるので生活には困りません。

石垣島にも大きな病院があるから、もしもの時でも安心。

八丈島

八丈島は「常春の島」と言われています。

そのため、年間の平均気温は17.8℃なため、夏は涼しい・冬は暖かい島です。

東京都なので、羽田空港から54分で着きます。

海もキレイで、あまり人がいないので夏でも貸し切り状態で海を楽しめます。

八丈島

「魚釣りの聖地」とも言われていて、全国から魚釣りをするために八丈島に訪れる人も多いです。

大きなスーパーはないけど、日用品には困らないよ。

だけど、人口が少ないから、現地の仕事はあまりないかも。

あと、病院の設備は微妙だね。

まとめ:島移住は短期から始めるべき

島 移住 やめとけ まとめ

「島移住はやめとけ」と言われる理由は、次の3つです。

7つの理由
  • 人間関係がめんどくさい
  • 物価が高い
  • ネットショッピングが使いづらい
  • 給料が安い
  • 交通の便が悪い
  • 医療環境が良くない
  • 慣れると退屈

島に移住するなら、短期間だけ島に住んでみましょう。

住めば、自分が合っているかどうか分かります。

沖縄の離島がおすすめですが、デメリットもあるので注意が必要です。

短期間住むならリゾートバイトがおすすめ。

短期間で働ける+生活費がかからないからです。

リゾートバイトでおすすめの派遣会社は、次の3社です。

おすすめ派遣会社

あなたの島移住が成功するように、心から願っています。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

田舎移住に興味のある方は、次の記事も参考になります。

よくある質問

リゾートバイト よくある質問
移住しやすい島はどこですか?

移住しやすい島は、次の3島です。

・宮古島

・石垣島

・八丈島

>>詳しく知りたい方はこちらへ

離島に移住する補助金はいくらですか?

各島によって補助金の条件や金額が違います。

たとえば、家族で移住する場合は上限100万円で、18歳未満のお子様がいる場合は18歳未満の方1人につき30万円が加算されます。

単身の場合は最大60万円となりますが、移住先によって給付金額が異なります。

>>補助金について詳しくみる

離島で生活するメリットは?

離島で生活する最大のメリットは、自然が豊かな所で生活できることです。

また、人も少なくないので、人混みもありません。

日々心穏やかに過ごせます。

>>離島のメリットをもっと詳しくみる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次